ららるーら村尾篭物語

ららるーら村尾篭物語

ルギア君が書いている物語。実際にはルギア君語で書かれているが、通常、人間では読めないため、日本語で紹介されている。


「尾篭」とは「おろかなこと・ばか・たわけ」というような意味。


現在は あるぱ城物語 となっている。


なお、以前の作に「ルギア帝國戯話」というものがあり、それも紹介されている。